スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3・11 ワスレナイ・・・」

今日は、誰もが忘れることができない日ですね。

あれからもう1年。あっという間でした。

1年前のあの時間、ママ友4人でお茶しながらおしゃべりしてました。

「ねぇ・・なんか揺れてる?」と最初に気付いたのは私で

「あれ・・? ホントだ。揺れてるわ」と言うくらいの揺れでした。

ユ~ラユーラと船に乗っているような感覚の長い揺れ。

家に帰ってテレビを付けて固まってしまいました。

今、映っている映像が映画なのか・・・CGなのか・・・

一瞬おかしな錯覚になったのを覚えています。

時間が経つにつれ、どんどん多くなる死者、行方不明者。

とても怖かった。

繰り返し流される津波の映像に身震いしました。

同じ日本の東北で寒さに震え、家族を亡くして家もなくして

呆然としている人たちがたくさんいる一方で

私が住むところは全く被害はなく、

地震があったその日でさえ暖かい布団で寝ることに

暖かいご飯が食べれることに感謝しながら

とてもとても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

「子供の手をつないで逃げたのに波にのまれて、気づいたら子供と手が離れていたんだ」と

泣きながら話すお父さんの姿が忘れられません。



朝、「行ってらっしゃい」と送り出して、それが最後になってしまった親子がどれほどいるのだろう・・・



ケンカして「ごめんね」を言おうと思っていたのに、

言えないまま最後になってしまった恋人同士がどれほどいるのだろう・・・



自分を犠牲にして、他人の命を救った人がどれほどいるのだろう・・・


最後の最後まで大切な人にメールを送り続けた人がどれほどいるのだろう・・・


考えると苦しいです。

テレビで津波の映像を見ると胸がギューッと苦しくなります。

私でさえこうなのだから、東北の方の気持ちは計り知れません。

私も含め、私の周りにはこの震災で友人や知人、親族、誰かを亡くしたひとは一人もいません。

私は大切なたった一人の妹を病気で亡くしています。

だから、「大切な人」を失う気持ちはわかるつもりです。

いつも、東北の方を思っています。

忘れてはいけない。

3・11・・・・・ワスレナイ。


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト
プロフィール

ミーナ 

Author:ミーナ 
小学6年の男の子と小学3年の女の子のママです。
ナチュラルなお部屋目指して日々勉強中。
そして、ときどき嵐でよろしくお願いします。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。